くりっく365 FX

くりっく365「外国為替取引サービス」を解説しています

くりっく365とは

fx365.infoは、くりっく365の初心者のための解説サイトです。

スワップポイントとは

2国間の通貨の金利差相当額のことをいいます。 「くりっく365」では、このスワップポイントを、受取側と支払側とで同額(一本値)に設定しています。

証拠金

「くりっく365」取扱会社は、投資家の皆様のポジション状況にかかわらず、投資家の皆様から預かった証拠金の全額を、金融取に預託しなければなりません。

通貨ペア

多数の上場通貨ペア
USD/JPY (米ドル/円) EUR/JPY (ユーロ/円) GBP/JPY (英ポンド/円)
AUD/JPY (豪ドル/円) CHF/JPY (スイスフラン/円) CAD/JPY (加ドル/円)
NZD/JPY (NZドル/円) ZAR/JPY (南アフリカランド/円) NOK/JPY (ノルウェークローネ/円)
HKD/JPY (香港ドル/円) SEK/JPY (スウェーデンクローナ/円) PLN/JPY (ポーランドズロチ/円)
CNY/JPY (中国人民元/円) KRW/JPY (韓国ウォン/円) INR/JPY (インドルピー/円)

クロスカレンシー取引 (11通貨ペア)
EUR/USD (ユーロ/米ドル) GBP/USD (英ポンド/米ドル) GBP/CHF (英ポンド/スイスフラン)
USD/CHF (米ドル/スイスフラン) USD/CAD (米ドル/加ドル) AUD/USD (豪ドル/米ドル)
EUR/CHF (ユーロ/スイスフラン) EUR/GBP (ユーロ/英ポンド) NZD/USD (NZドル/米ドル)
EUR/AUD (ユーロ/豪ドル) GBP/AUD (英ポンド/豪ドル)

建玉の決済

「くりっく365」では、建玉の決済方法として、先入先出法(オートネッティング)と、指定決済法からの選択が可能となっています。

くりっく365は取り扱いの業者から、東京金融取引所があらかじめ指定したマーケットメイカーと呼ばれる取引参加者が提示するレートに対し、注文をする形となる(取引相手は、東京金融取引所が指定したマーケットメイカーである。東京金融取引所は取引の結果生じた債権債務の相手方となる。)。

複数のインターバンクが個人に提示するレートであるが(買値と売値とで投資家にとって有利な方を採用)、東京証券取引所の現物株のように売り手と買い手を直接結びつけるオークション方式ではなく、マーケットメイカー方式であるため、価格の付き方は複数のマーケットメイカー(カバー先)を擁する大手店頭FX業者とほとんど変わらない。

スワップポイントが売りと買いで同一。これは投資家にとってメリットである。店頭取引では、同一通貨ペアの売りと買いを比較して、投資家が支払うスワップポイントの方が多いというケースがほとんどで、最悪の場合、売りも買いも投資家がスワップポイントを支払うというケースすら見られるからである。

取引証拠金が東京金融取引所で保全されているため、直接の取次業者が破綻してもポジションが清算されたり預託金が一般債券扱いとして毀損し返還されないなどといったカウンターパーティリスクが少ない。破綻取次企業が管理していた顧客ポジションの別業者への移管が可能である。また取扱業者の財務力も金融商品取引法の業者登録基準に加えて純資産30億円以上となっているため、そもそも破綻の可能性が通常の店頭取引業者よりも低い。

申告分離課税であり、一律20%の税率で課税される。通常の店頭FX業者の場合、収益は総合課税の雑所得となるため多額の年間収益を上げた場合は最大50%程度の所得税等が課税される(平成23年度所得分まで)。FXの収益が小額である場合は総合課税の雑所得扱いのほうが税率が低くなる可能性があるが、勤労所得や他の所得とともに申告納税する必要がある。

損失が発生した場合、翌年から3年間にわたり所得税の損失繰越の適用が可能。(平成23年6月22日の所得税法等の一部を改正する法律により、平成24年度所得分より店頭FXもくりっく365と全く同じ税制になった。)

wikiより